不用品回収業者と役所との違いやそれぞれの特徴

   

1.自治体では費用を抑えられる

不用品の捨て方は、大きく2つに分けられます。ゴミとして自治体に回収してもらうか、それとも民間の業者に回収してもらうかの2つです。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、自治体に回収してもらう場合のメリットはコストを抑えられる可能性が高い点です。費用については自治体によって違うので絶対に安いと断定はできませんが、なるべく処分費用を抑えたいならまずは自治体を検討してください。

自治体に回収してもらう場合のデメリットは、システムがやや複雑な点、それに回収してもらえないものがある点です。大きな荷物は指定された利用券のようなものを購入しなければいけないなど、やや手間がかかるのが普通です。

まずは自治体がどのようなシステムを採用しているのか、費用はいくらかかるのかを調べるところから始めるとよいでしょう。

2.民間の業者のメリット

そして、自治体では家電リサイクル法の対象である不用品の回収に対応しておらず、これは大きなデメリットです。冷蔵庫やエアコン、テレビ、洗濯機などが代表的な回収してもらえないもので、これらを処分したいなら自治体ではなく別の方向からアプローチするしかありません。

業者にもよるので一概には言えませんが、民間の業者ほど迅速に対応してくれる傾向があります。連絡をしたその日に自宅まで来てくれるなんてケースも多く、なるべく手早く不用品を処分したいなら民間の業者に依頼するのも手です。

また、自宅まで来てくれるので大きな不用品を指定の場所まで運ぶ手間がかからない点も見逃せません。さらに、先に書いたような自治体では回収してくれない不用品に関しても、民間の業者なら問題なく引き取ってもらえます。

3.両者を比較した上で

このように民間の業者は様々なメリットがあるものの、一方でデメリットとしては費用面の高さが挙げられ、自治体と比較するとその差は歴然です。

これも業者によるので断定はできないものの、自治体と比べると数倍の費用がかかるなんてケースも珍しくはありません。なるべく安く不用品を処分したいなら民間の業者はあまり向いておらず、まず自治体の方を検討したいところです。

また、民間の業者は実態が分かりにくいところも多く、自治体と比べると安心感が劣る面もあります。民間の業者と自治体でだいぶ特徴が異なるので、しっかりと不用品回収業者と役所との違いを知った上で判断を下すのがポイントです。
また、民間の業者を検討するなら必ず複数の業者を比較して、料金などの特徴についても把握してください。

 - ゴミ処分