不用品回収業者を利用するメリットとデメリット

   

1.処分に手間がかかるものでも

不用品回収業者を利用するメリットは色々とあり、まずは家電リサイクル法で定められている家電でも引き取ってもらえる点が挙げられます。冷蔵庫やエアコン、テレビなどの家電はリサイクルの観点から処分方法が限られていますが、不用品回収業者なら問題なく引き取ってくれるのです。

家電リサイクル法の対象の家電だけを処分するなら、購入した販売店にお願いするなど方法は色々とありますが、それ以外の不用品と一緒に処分したいなら不用品回収業者が役立ってくれます。また、何らかの理由ですぐに不用品を処分したい場合、すぐに駆けつけてくれるのも不用品回収業者の魅力です。

あまり大きくないゴミ類ならともかく、ある程度の大きさがある不用品はすぐに処分できないのが普通です。しかし、不用品回収業者は早ければ連絡した当日中に、当日が無理でも指定した日時で自宅の方までやって来てくれますから、処分までを手早く済ませられます。

2.持ち運びをせずに済む

そして、不用品を持ち運ぶ手間がかからないのも魅力であり、普通に粗大ゴミとして出すなら指定の場所まで移動させなければいけません。重たい不用品なら持ち運びが相当に大変なケースも多く、集合住宅でエレベーターを利用できない場合は相当に苦労します。

家電や家具は大きいものも多いので、誰も手伝ってくれる人がいないならかなり大変ですが、不用品回収業者に依頼すれば自宅の方まで取りに来てくれるので、最低限の労力で不用品を処分可能です。あと、これは全ての不用品回収業者に当てはまるわけではありませんが、中には買い取りにも対応している業者も存在します。

普通ならお金を払って処分するしかないのですが、もし支払う費用より買い取り額の方が上回っているならお金をもらえるなんて可能性もあるのは大きな魅力です。そのため、不用品回収業者を選ぶ際には、買い取りに対応しているかどうかもチェックしておきたいところです。

3.難点も存在する

このように様々なメリットがある一方でデメリットも存在しており、不用品回収業者は全体的に回収のための料金が高く設定されています。

買い取りにはあまり期待ができそうもない、大きな荷物は少ない、もしくは手伝ってくれる人がいるので持ち運びのデメリットがさほどでもない、このようなケースではどうしても自治体に比べると割高な面が目立つのは事実です。

便利な分だけやや割高なので、コストカットを徹底するか利便性を選ぶか、不用品の状態に合わせて判断してください。

 - ゴミ処分