不用品回収業者の選び方は、悪徳業者を避けるためには

1.自治体の紹介か民間か

全国の消費生活センター等に寄せられる廃品回収サービスに関する相談が増えています。
相談の内容としては、「当初“無料”をうたっていたのに作業後に料金を請求された」「見積りより高額な料金を作業後に請求された」などが目立ちます。

廃品回収サービスの相談件数
年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度
相談件数 141 194 259 277 318 220

引用元→国民生活センター

単純に不用品が増えてきた場合や、引っ越しに伴い不用品の処分が必要な場合などに役立ってくれるのが不用品回収業者です。しかし、不用品回収業者の中には悪徳業者も存在するので、どう業者を選ぶかは重要なポイントです。

選び方のポイントの1つが自治体からの許可であり、自治体に不用品回収業者の問い合わせたをする場合はその地域で許可を受けている業者を紹介されます。一方で、自治体からの許可がない完全な民間業者も存在しており、この両者はだいぶ特徴が異なるのが普通です。

自治体からの許可を得ている業者は信頼性の面では優れているものの、民間の不用品回収業者の中には様々な便利なオプションを備えているところもあり、民間の不用品回収業者の方を選んでしまうなんてケースも珍しくはありません。

▶︎不用品回収業者と役所との違いやそれぞれの特徴とは

2.そもそも許可がない

民間の不用品回収業者の中には悪徳業者も存在しており、うまく利用すれば非常に楽かつお得に不用品を処分できるものの、選び方を間違えるとトラブルを抱えて込んでしまいます。

不用品回収業者を利用する場合によくあるトラブルが料金面の揉め事ですが、そもそも一般廃棄物収集運搬許可を得ていないというとんでもない悪徳業者も存在するのが実情です。一般廃棄物収集運搬許可がないと不用品の引き取りはできないのですが、中にはその事実を隠して営業している業者も存在します。

まずは一般廃棄物収集運搬許可を本当に得ているかどうかは確認したいところで、もし一般廃棄物収集運搬許可がない業者に依頼した場合、後々に警察から事情を聞かれるなんて可能性もゼロではありません。

▶︎不用品回収業者を利用するメリットとデメリット

3.気を付けたい業者とは

まず、不用品回収業を専門としている当社の人間としてハッキリと言わせてもらうと、街中でやっているような「不用品回収費用無料!」とアナウンスする軽トラックを信用してはいけません。違法な処分方法で営業をしている可能性が高いです。

これは、当社の限定的な見解ではなく、環境省でも無料の不用品回収業の営業行為を巡ってごみの処分方法など、さまざまなトラブルが発生していると明言しており、幾度となく注意喚起がされています。このような不用品回収業者は、高い確率で一般廃棄物収集運搬業の許可を得ることなく、ごみの収集をしています。不用品回収業は、公安委員会や市に許可を受けた業者しか実施することができません。
引用元→エコアール【公式】廃品回収(不用品回収)業者で起きやすいトラブルとは?具体的な回避方法を徹底解説

不用品回収が認められている業者であって料金面での揉め事は多く、よくあるのが無料だと思っていたのに高額な費用を請求されるというパターンです。

他にも自宅に来てもらったら勝手に荷物を持ち出すなど、非常に悪質なケースもあります。だからこそ、不用品回収業者の選び方で最も重要なのは悪徳業者を避けることですが、重要なポイントは自動車を走らせている不用品回収業者を避けることです。スピーカーでの宣伝を聞くと依頼したくなるかもしれませんが、この行為はそもそも条例違反であり、環境省はこの手の業者に対して注意喚起をしています。

悪徳業者はインターネットにサイトを作っていることも多いですが、インターネットで取得している許可についてしっかりと調べることが重要です。同時に、料金面での比較もしてなるべくお得に利用できる不用品回収業者を探してください。

▶︎不用品を安く処分する方法は?

公開日: